炭酸

ソーダスパークルの炭酸は弱い?強炭酸のつくり方のコツ

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

毎日炭酸水を飲む人にとって重宝するアイテムといえば、炭酸水メーカーですよね!

 

炭酸水メーカーにはガスシリンダータイプとカートリッジタイプの2種類があり、最近注目されているのがカートリッジタイプなんです。

なかでも「ソーダスパークル」が人気で、実際に使っている人も多いのではないでしょうか。

 

そんななか、話題にあがるのがソーダスパークルの炭酸の強さです。

 

「ほかの炭酸水メーカーに比べると弱い」

「強くする方法を知りたい」

など、ソーダスパークルの炭酸が弱いと感じている人もいるようですね。

 

そこで今回は、ソーダスパークルで強炭酸をつくるコツをご紹介します!

 

ソーダスパークルの炭酸は弱い?口コミを調査!

手軽に炭酸水がつくれると話題のソーダスパークル。

これから購入しようと思っている人が気になるのは、やっぱり炭酸の強さですよね。

 

「ほかの炭酸水メーカーと比べると弱い」という噂も聞きますが、実際はどうなのでしょう。

利用している人の口コミをチェックしてみましょう。

 

以前のモデルからの買い替えですが、説明書通りにやっても炭酸が弱いですね。

ちょっと、期待外れでした。

 

ペットボトルゴミを大量に出すのが嫌でこちらに変えました
浄水器と合わせて使うと、ペットボトルレスな生活が実現
強炭酸ほどの強さはないけど、炭酸として楽しむのは十分で大変満足してます。

 

飲みたいときにすぐ作れて便利です。
炭酸もいい具合にできます

 

必要な時に炭酸水が作れて便利。ただ、もう少し炭酸が強いのがイイかな。

やはり、炭酸が弱いという口コミが見られますね。

特に、以前別の炭酸水メーカーを使っていてソーダスパークルに買い替えたという人が「弱い」と感じている印象でした。

 

一方、満足のいく炭酸水をつくれたという口コミがあるのも事実です。

炭酸の強さの感じ方は個人差があるので、弱いと感じる人もいれば満足だったという人もいるのかもしれませんね。

 

ソーダスパークル強炭酸のつくり方

ソーダスパークルで強炭酸をつくるには、ちょっとしたコツがあるんです。

 

ここではソーダスパークルで強炭酸をつくりたいと思っている人のために、3つのコツをご紹介します。

これまでつくった炭酸水が弱いと感じていた人は、ぜひ試してみてくださいね。

 

水はよく冷やす

まず一つ目のコツは、ガスを注入する前に水をしっかり冷やすこと

これは、二酸化炭素が冷たい水により溶けやすい性質があるからです。

 

水道水をボトルに入れてそのまま炭酸ガスを注入していた場合、水がぬるいために炭酸が弱くなってしまっていたという可能性が高いです。

冷蔵庫で最低でも2時間は冷やしてからガスを注入してみてくださいね

 

冷やす時間がなかったというときは、氷を入れて水を冷やすのもおすすめです。

氷を取り除いてからボトルに入れて、ガスを注入しましょう。

 

炭酸ガスを入れたら振る

二つ目のコツは、炭酸ガスを注入したらボトルを上下に5回ほど振ること

 

「炭酸ガスを入れたのにボトルを振っても大丈夫なの?!」と心配になってしまいますよね。

これが大丈夫なんです!

 

注入したてのボトル内は、空気中に炭酸ガスが多く含まれています。

ボトルを振って水となじませることで、水にしっかり炭酸ガスが混ざって強炭酸ができるというわけです。

 

強く何度も振る必要はありません。

空気と水が混ざるようにゆっくり混ぜ合わせるイメージでやってみてくださいね。

 

振ったら冷蔵庫に入れる

そして三つ目のコツは、炭酸ガスを入れたあと冷蔵庫でしばらく冷やすことです。

少し時間を置くことで炭酸ガスが水とよくなじみ、炭酸を強く感じるようになるんだとか。

 

冷蔵庫に入れる時間は10分ほどでOKです。

炭酸ガスを入れてから時間が経過しすぎると、今度は炭酸が抜けてしまうこともあるので注意してくださいね。

 

ソーダスパークルのメリットとデメリット

ソーダスパークルのメリットとデメリットについてもチェックしておきましょう。

 

良いところと悪いところの両方を知っておくことで、自分に合っているかどうかがわかりますよ。

 

メリット

ソーダスパークルのメリットは、

  • コンパクトで置き場所に困らない
  • カートリッジのストックも省スペースで良い
  • カートリッジを家庭ごみで処分できる
  • 本体価格が手ごろ

などが挙げられます。

 

カートリッジタイプの炭酸水メーカーは、本体がボトルとキャップのみなのでかなりコンパクトです。

 

本体を置いておく場所を確保する必要がなく、水を入れて冷蔵庫に入れておけばいいというのはうれしいですよね。

 

また、一般的な炭酸水メーカーで使われているガスシリンダーは、処分する際は取扱店に持ち込む必要があります。

カートリッジは不燃ごみとして処分できるのも大きなメリットといえるでしょう。

 

デメリット

ソーダスパークルのデメリットは、

  • 炭酸の強さを調整できない
  • ランニングコストがかかる
  • カートリッジの交換に手間がかかる

などが挙げられます。

 

ソーダスパークルのカートリッジは1回使い切りなので、炭酸の強さを調整できません。

もっと強くしたい、反対に微炭酸にしたいなど、好みの強さで炭酸をつくることができないのはデメリットといえそうですね。

 

1回ごとにカートリッジを交換するのも手間になります。

 

ソーダスパークルの炭酸が弱いまとめ

手軽においしい炭酸水がつくれるソーダスパークル。

口コミを調査してみてわかったのは、やはり「炭酸が弱い」と感じている人がいるということです。

 

ただし、感じ方は個人差があるので、十分な強さだったと感じる人がいるのも事実です。

事前に水を冷やしたり、炭酸ガスを入れたあとに軽く振ったりと、強炭酸をつくるコツがいくつかあるのでぜひ試してみてくださいね。

 

また、ソーダスパークルにはメリットとデメリットがあります。

省スペースで初期投資を抑えたい人には、ソーダスパークルはかなりおすすめですよ!

 

 

 

-炭酸