キッチン家電

ソーダストリームはコスパが悪いの真相は?実体験や市販の炭酸水との比較も

ソーダストリームはコスパが良いと言われていますが、調べているとソーダストリームのコスパが悪いという検索もされていて気になってしまいますよね。

 

先に結論から言うと、5年以上使ってみてソーダストリームのコスパは悪くありませんでした。

 

実際ソーダストリームを使うと元が取れるのか、市販で購入するよりもコスパは良いのかなど体験談をもとにお伝えします。

 

この記事では、

ソーダストリームのコスパを実体験から暴露

ソーダストリームのコスパを市販の炭酸水と比較

強炭酸を作る時のコスパ

水道水とミネラルウォーター使用時のコスパの違い

ガスシリンダー以外のコスパ

時間的なコスパ

ソーダストリームのコスパと他の炭酸メーカーのコスパ

 

ソーダストリームのコスパについてまとめていきます。

 

 

 

ソーダストリームのコスパが悪い?実体験や口コミから調査

ソーダストリームのコスパについて、5年以上愛用している実体験を交えてご紹介します。

 

ソーダストリーム公式に記載のコスパは60L

ソーダストリームのコスパは500ml当たり約18円と公式では発表されています。

 

これは、ガスシリンダー1本で約60Lの炭酸水が作れるというところからの計算になります。

ガスシリンダー1本で約60Lお作り頂けますので、0.5Lペットボトル約120本分の炭酸水をお楽しみ頂けます。
ランニングコストは、ガスシリンダー交換用で2,000円(税抜き)ですので、120本で換算しますと0.5Lペットボトル1本あたり約18円にてお楽しみ頂けます。

ソーダストリーム公式サイトより引用

 

ここから計算するとソーダストリームのガスシリンダー1本で、

  • 1日1Lの炭酸水を飲む人であれば約2カ月
  • 強炭酸で炭酸水を飲む人であれば約1カ月

炭酸水を作ることができると言えるでしょう。

 

実際にソーダストリームを使っている人の声は30~40L

実際ソーダストリームを使っている人の口コミを調べてみると、1本のガスシリンダーで30Lしか作れない、という声も多く見られました。

 

私はいつもガスシリンダー1本で45L前後(1Lずつ作ってます)の炭酸水を作ったところで炭酸が弱くなってきて交換、という感じです。

 

強炭酸を作ることもありますが、概ね2プッシュで通常の炭酸水を作っています。

 

作る炭酸の強さによっても作れる量は変わってきますよね。

 

毎回強炭酸を作っている方は、1つのガスシリンダーで60Lを作ることはできないようです。

 

公式サイトでもこういった記載がありました。

60Lは通常の濃度の炭酸水をお作りいただいた際の目安となっております。炭酸ガスを注入いただく量によってお作り頂ける炭酸水の量は異なります。
具体的には、強めの炭酸水をお作りいただくとお作り頂ける量は60Lを下回り、微炭酸をお作りいただくと60L以上の炭酸水をお作り頂けます。

ソーダストリーム公式サイトより引用

 

なので、強炭酸がお好みの方はガスシリンダー1本で約30~45Lよりも少ないと考えた方が良いかもしれません。

 

 

強炭酸の作り方はこちらにまとめています☆

>>【ソーダストリーム】強炭酸の作り方!ポイントは冷たい水と3~4回押し

 

 

ソーダストリームのコスパを市販の炭酸水と比較してみた

炭酸水500mlあたりのコスト
新規ガスシリンダー 約31円
交換用ガスシリンダー 約18円
市販の炭酸水 約80円

ソーダストリームと市販の炭酸水のコスパを比較してみました。

 

ソーダストリームのガスシリンダーは、新規と交換用では価格が違うので、500mlあたりにかかるコストは異なります。

  • 新規購入:3,703円(60L1本)
  • 交換購入:2,160円(60L1本)

 

ソーダストリームのガスシリンダー1本で約60L作れると公式で記載されているので、500ml約120本分で計算すると、

  • 新規購入時:約31円
  • 交換購入時:約18円

 

市販の炭酸水は商品によって価格は異なるので「ウィルキンソン」を楽天で購入した場合の価格で計算しました。

※画像をクリックすると楽天市場が表示されます

500ml24本1ケースで1,920円だったので、500mlあたりのコストは約80円でした。

 

ソーダストリームのガスシリンダーを新規で購入した場合でも、市販の炭酸水を購入するよりも1本あたり約50円ソーダストリームの方がコスパが良いということが分かりますね!

 

 

強炭酸を作る時のコスパを計算

先ほどの口コミでもあったように、強炭酸を作る際は炭酸ガスの使用量が多くなるため、ガスシリンダー1本で60Lは作れません。

そのため、コスパも変わってきますね。

 

公式での見解ではガスシリンダー1本で約60L、つまり500ml当たり約18円というコスパでした。

ただ、実際作れるのは約30~45Lなので、500ml当たり約24~36円。

 

強炭酸を作るには通常の約2倍の炭酸ガスを使用するためこの倍、約48~72円になると考えられます。

 

市販の強炭酸であるウィルキンソンと比較してみると、

  • ソーダストリーム:約48~72円
  • ウィルキンソン:約80円

 

それでも市販の炭酸水を購入するよりもコスパが良いということが分かりました。

 

 

水道水とミネラルウォーター使用時のコスパの違い

ソーダストリームは水道水以外だとコスパが悪くなるという声を見つけました。

 

そこで、水道水・ミネラルウォーターで炭酸水を作った時のコスパを比較してみます。

 

例えばこちらのミネラルウォーターを購入した場合、

※画像をクリックすると楽天市場が表示されます

 

500ml48本入りで2,690円なので、500mlあたり約56円になります。

 

この額をソーダストリームのガスシリンダーのコスパに上乗せすると、500mlあたり約80~92円。

 

つまり、市販の炭酸水を購入するのと同じもしくは若干高くなってしまうので、コスパが良いとは言えません。

 

 

たしかにミネラルウォーターを購入して炭酸水をつくるとおいしいのかもしれませんが、結局

  • ミネラルウォーターを購入しに行く
  • ペットボトルのゴミが出る

といった点でも市販の炭酸水を購入するのと変わらなくなってしまいますね…。

 

 

ガスシリンダー以外のコスパは?

ソーダストリームのコスパがいいことは分かりましたが、ガスシリンダーだけの購入では炭酸水は作れません。

 

本体価格やガスシリンダーの新規購入も含めるとどうなるでしょうか。

 

ガスシリンダーは新規購入だとコスパが悪い?

ガスシリンダーの価格は交換用からはお得になりますが、新規は1543円高くなります。

 

ガスシリンダーの価格をもう一度確認しますね!

  • 新規購入時:3,703円
  • 交換用購入:2,160円

 

これを実際に作れる30~45Lから考えると、500ml当たり約41~61円となります。

 

それでも市販の炭酸水を購入するよりはコスパが良いですね。

 

本体価格も含めると元は取れる?

※画像をクリックすると楽天市場が表示されます

 

ソーダストリームで炭酸水を作るには本体が必要になります。

ソーダストリームは種類によって価格が異なります。

 

価格の一番安いものと高いものを比較すると、

種類 価格 電動or手動
ジェネシスデラックスV2 13,200円 手動
ソースパワー 31,900円 電動

 

どちらも専用ボトルや新規ガスシリンダーがついたスターターキットの価格になります。

価格は18,200円の差。倍以上ですね…。

 

その分ソースパワーの方が電動であったり、ボトルの着脱も差し込んで押すだけと簡単だったりもちろん便利になっています。

 

ここからは個人的な意見になりますが、ジェネシスデラックスV2を長年使っていますが特に大変さを感じたことはありません。

 

手動ですがボタンがきついということもなく、着脱も差し込んで何度か回すだけです。

 

コスパを考えるのであれば、確実に低価格で本体を購入した方が良いかと思います。

 

公式サイトのアウトレットが最もコスパが良い!

ソーダストリーム公式サイトで本体を購入する際は、アウトレット商品があり、通常のスターターキッドよりもお得に購入することができます。

 

2022年6月現在では以下の商品がアウトレット商品で販売されていました。

Genesis v2 (ジェネシス v2) スターターキット 9,900円
Genesis v3 (ジェネシス v3) スターターキット 9,900円
SPIRT (スピリット) スターターキット 11,000円
Spirit (スピリット) スターターキット 特別パッケージ 14,080円

 

アウトレット商品は実質新品と変わりないですし、スターターキットなので専用ボトルや新規ガスシリンダーもついています。

 

それで最安値だと1万円しないので、かなりお得なのかなと思います。

 

その時によって販売されている種類は異なるので、公式サイトで確認されてみてくださいね!

 

>>ソーダストリーム公式サイトでアウトレット商品をチェックする☆

 

 

時間的なコスパを考える

時間的なコスパを考えると、ソーダストリームは断然お得だと思っています。

 

なぜなら、市販の炭酸水を毎回購入すると

  • 買い物に行く時間がかかる
  • 重たい荷物を運ばなくてはならない
  • 飲んだ後のペットボトルのごみの分別
  • ゴミを捨てるのに費用がかかる(地域によってはかからないところもあるかも…)
  • 自宅に在庫を置いておくスペースが必要
  • 空になった段ボールの処理

 

こういった時間がかかります。

 

ソーダストリームであれば、私の場合は公式サイトからすべて購入しているので、自宅で購入手続きを済ませるとガスシリンダーを届けてくれてその場で交換になります。

 

  • 家から一歩も出なくていい
  • ガスシリンダーはまあまあ重いけど炭酸水1ケースほどではない
  • ペットボトルは使わないからゴミが出ない・分別も不要

 

人によって判断はそれぞれかと思いますが、普段忙しくて階に行く時間もなかなか取れないという人にとってはいいのではないかと思いました。

 

 

ソーダストリームのコスパと他の炭酸メーカーのコスパを徹底比較!

ソーダストリームのコスパが分かったところで、他の炭酸メーカーのコスパとも比較してみたいと思います。

 

ただ、私はソーダストリームしか使ったことがないので、公式サイトの情報から計算していきます。

 

ドリンクメイト

※画像をクリックすると楽天市場が表示されます

ドリンクメイトのマグナムシリーズは、水のみを炭酸にした場合、ガスシリンダー1本で最大142ℓの炭酸水が作れるというのが売りになっています。

 

マグナムシリーズのガスシリンダーは交換用で3,542円なので、最大量作れたとすると、500mlあたり約12円となり、ソーダストリームよりもコスパが良いようです。

 

ただ、水以外のものを炭酸にする時にはコスパが半分以下になるということ。

 

また、新規のガスシリンダーが6,458円と交換用の倍近くでした。

 

\ドリンクメイトを見てみる/

 

 

e-soda

※画像をクリックすると楽天市場が表示されます

e-sodaのガスシリンダーは、1本でペットボトル約120本分作ることができます。

 

ガスシリンダーは交換用で1本2,160円なので、500mlあたり約18円。

ソーダストリームの公式に記載のコスパと同じということになりますね。

 

\e-sodaを見てみる/

 

 

>>公式サイトはこちら

 

 

ソーダストリームのコスパまとめ

ソーダストリームのコスパが悪いと検索されていましたが、比較してみた結果ソーダストリームは市販の炭酸水を購入するよりもコスパが良いことが分かりました。

 

炭酸水500mlあたりのコストは

  • 新規ガスシリンダー:約31円
  • 交換用ガスシリンダー:約18円
  • 市販の炭酸水:約80円

 

実際にガスシリンダー1本で作れる炭酸水の量から計算すると

  • 新規ガスシリンダー:約41~61円
  • 交換用ガスシリンダー:約36~44円

 

強炭酸を毎回作った場合

  • 約48~72円

 

ただ、せっかくコスパが良いソーダストリームですが、ミネラルウォーターを使って炭酸水を作ると、市販の炭酸水と同じか少し高くなってしまいコスパは悪くなります。

 

なので、コスパ良く炭酸水を作るのであれば水道水を使ってソーダストリームで炭酸水を作ることをオススメします。

 

 

>>【ソーダストリーム】水道水で作るとまずい?コスパよく美味しい炭酸水を作る方法!

 

 

 

また、本体のコストもできるだけ下げたい!と思っている方は、公式サイトのアウトレット商品がおすすめです。

アウトレットで販売している商品はその時々で変わるので、購入を検討する際にチェックしてみて下さいね!

 

>>公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

-キッチン家電